動かない。

こんにちは!からだ工房Saraのアサノーです。

プールでバタ足をしているとき、「もう少し足が長ければもっと早く泳げるのにーー!」と思うことがあります。

ないものねだりってワカッテマスヨ!!!思うだけです。

足の付け根にある股関節、そのうえにある大きな関節といえば骨盤の仙腸関節なのですが、

この仙腸関節という関節はほとんど動いてくれません。せいぜい動いて数ミリ、といったところ。

練習会でも、仙腸関節を動かす、という練習が定期的にあるのですが、

あまりにも動きが少ないので、仙腸関節が動いているかどうか確認するためにそこから一番遠い、足の先が動いているかどうか見ないといけないくらいです。

ということは他の関節は、仙腸関節にくらべると実に自由に動いているから、仙腸関節の動きが伝わりやすいと言えるわけで。

上半身が自由に動き、それとは別に下半身も自由に動く。ちょうど二つを結びつけている骨盤の関節だけは、エゲツナイくらい硬くて動かないという、カラダの土台になっているとも言える。

なんだかその頑固な関節の硬さも、頼もしく感じてきます。

バタ足しているときは、「もうちょっと融通きかせて、動いてもらえませんかねーー!」と祈ってるんですけどねーーー!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です