土台が崩れない。

こんにちは!からだ工房Saraのアサノーです。

秋に雨が降ってくると、この雨がやむとまた一段と冷え込むんだろうなあ、と思います。秋の長雨はさざんか梅雨?ちょっと最近は雨が少なすぎでしたね。

 

先週の水曜に、名東本通にあるライブバー「スローブルース」で、楽器が少しでも弾ける方参加OK!というイベントにギターを持って参加してきました。アメリカ音楽のセッションです。

セッションは、毎回毎回、ランダムにメンバーを入れ替えて、即席でバンドを作り、課題曲を「せーの!」でスタートさせ、

あとは曲の終わりまで、途中どんなことが起きても演奏を止めず、最後まで演奏しきる。というのが基本のルールで、

僕はギターなので、ドラムとベースが作っているリズムの土台の上でバランスを取りながら、リズムを損なわず、かつギターでメロディーを歌わせないといけません。

表向きは、自由にギターソロを弾いて大丈夫だよ!とはうたっていますが。制限アリの中の自由。

 

で。今回の出来なのですが、自己評価で55点くらいでした。悲しい・・・

ドラムとベースがしっかりと作り上げている土台の上で、酔っ払いのような足取りのリズムになってしまいなかなか乗りきれず、メロディーもちょっと緊張して早口でしゃべってしまう人のように、音を詰め込みすぎてしまいました。

・・・しかし、ビシッと土台を崩さないでいてくれた他のメンバーにフォローしてもらえたおかげで、なんとか形にすることはできた気がします。土台バンザイ。

やっぱり理想が高すぎた?いやいや、理想をイメージすることは大切なはずだ!という事でまた近々リベンジしに行ってやるぞとココロに誓いを立てて、店を後にしたのでありました。

なんだかんだ言って楽しめてしまったのですけどね。

 

スローブルースのスケジュールではほとんど毎日セッションをしているようなので、ご興味のある方はぜひ行ってみると楽しめると思いますよ!スタッフさんも気さくな方たちばかりでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です