まぜそばは太麺と食感!?

こんにちは!からだ工房Saraのアサノーです。

最近、名古屋ではよく「まぜそば」や「油そば」の看板をよく見かけます。

僕がまぜそばを初めて食べたのは7,8年前?味もボリュームもあまりにもインパクトが大きくて、すごく美味しいけれどマニア向けなのでは!と思ったのですが、今じゃあすっかり浸透しましたね。

このあいだ久しぶりに食べに行ったときにあらためて気づかされたのだけれど、まぜそばの魅力の一つに「メンの太さと食感の強さ」があると思います。

やっぱり、まぜそばに細めん、というのはいくら美味しくてもなにか違う気がするし。

音楽を聴いていても、すごく心ひかれる演奏の音楽というのは、どことなく耳触りが好きだったり、音の強弱やメリハリがとても心地よいなと感じるものが多いような気がします。

演技の上手い役者さんのセリフ回しを見たときに感じるのも似たような・・・

 

実は整体でも、来ていただいた方と話しているときに「手が合う」「合わない」という話題になることも多いです。

もちろん「痛みを取る」「楽になる」「治る」が先に来るんですが、

奥の深いところにある筋肉や骨に触るときに、どうしても触れ方が良くないと、必要以上に痛くなってしまう事だってあるので・・・

ちょっと触れ方にはこだわっています、という整体院の話でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です