肩甲骨はどうして矯正された?

 

こんにちは。からだ工房saraのアサノーです。

 

「肩胛骨」。今月RooTsのテーマでもあります。天使の羽根、なんて言われたりもします。

 

骨盤矯正、という言葉が整体界にはあふれているのに、肩甲骨矯正、という言葉はあまり聴かないですよ。大きく見ればよく似た形の骨なのですけれど。肩甲骨体操、という言葉は最近すごく耳に入ってきます。

 

骨盤を矯正するときのキモになる仙腸関節、そこを肩甲骨に置きかえてみると?

 

仙腸関節にくらべると、ズルズルに動きやすい肩甲骨と胸郭のジョイント部分。これは触って矯正するのがほとんど無理に近い。

 

というわけで今回、肩甲骨と二の腕の骨。そこをジミに、確実に繋ぎとめている小さな筋肉達の調整でした。肩甲骨の矯正するには、ここを何とかするしかない!

 

 

・・・ちなみに僕がギターのメンテナンスをお願いするときも、年代物、ヴィンテージ物のピックアップ(音を拾うマイクみたいな部品)を頑張って取りつけて音がガラッと変わったときよりも、

 

ちょっとした金具を付けかえたり磨いたりして、音が前より少しだけいい感じに変わる時のほうが感動が大きいです。

 

 

肩甲骨の矯正もそんな、ジョイントの金具にグッと強刺激が入るようなちょっとだけ野蛮な施術、

 

肩甲骨と、上腕骨をジミに取りもっている筋肉、ローテーターカフの調整。腕がかなりいい感じに動き出す!

 

 

からだ工房Sara
名古屋市天白区大根町43-1
052-805-5655

営業時間

10:00〜21:00

定休日 日曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です