すぐ使えて、痛みも楽になる!・・とはちょっと違う、技術の稽古。

こんにちは!からだ工房saraのアサノーです。

 

今月も御前崎稽古!大阪からの小池志道講師。

 

稽古のテーマは「目に騙されるな!」という感じでしょうか。

 

整体をする時。相手の身体の痛いところ!悪いところ。バランスの崩れているところについつい目が行ってしまうと、

 

患部に顔がどんどん近づき、フォームは崩れ、意識はもう自分の手の感覚しか感じなくなってくる・・・フォーカスし過ぎ、やり過ぎて周りが見えなくなりがちなよくあるパターン。

 

迷いのない施術をするには、日常生活の過ごし方にチョイとひと工夫加えてみると・・・?

 

話が少し飛ぶのですが午前中の道場で師匠と、重心の高いベーシスト、重心の低いベーシストについての話になるというなぜかマニアックな話題になったのですが、(ベーシストってロックバンドのベース奏者の事ですよ)

 

今日の話の流れから整体的に見てみると、ベーシストの重心の高い低いを分けるのは、ベースを構える高さの違いではなく、ベースの重さの違いでもなく、もちろん音楽のジャンルでもなく、、

 

ボクの結論。秘密は足の裏にありました。

 

そう簡単に出来るようにはならないけれどなぜか笑いの絶えない講義(笑)、興味が湧いた方は是非ボクに聞いてみてくださいね、

 

ちょっと話が長くなるかもしれませんけど!

 

 

シドー先生、暁光先生、練習相手になってくれた皆さんもありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です