呼姿術。

こんにちは!からだ工房saraのアサノーです。

 

暖かくなったのは良いのですが、ただ今シーズンは花粉症。PM2.5、黄砂や春の嵐などなど、

僕等は外に出ても、深呼吸するのもおそるおそるになってしまう。

 

鼻や口もとはガードしていても、

呼吸で使う筋肉は、呼吸が浅くなるにつれて、

だんだんと、自分が動けるんだという事を忘れてしまうようになる。

・・・だんだんと肋骨が動かなくなる。

そして!アチャーー!!

 

ということで、先月と今月のROOtSの特別講師は、

千種区覚王山そば、style  design salon:hiro hattoriniの姿勢矯正専門家、ヒロ服部先生が、2ヶ月に渡って講義をしてくれました。

名前は「呼姿術」について。呼吸と姿勢を変化させるメソッド。

 

服部先生が、師匠へのリハビリをしているうちに気づいたことを、とてもわかりやすい形にして出してくれました。

呼吸をするときに使う筋肉と、姿勢を維持するときに使う筋肉ってかなり近い。

だから整体の技術を使って呼吸をコントロールすることだってできるでしょ!とやって見せてくれたのですが、

これがまた、自分で使ってみると実にいい塩梅に効いてくれます。

 

どうしてココを施術するのか?徹底して考えて僕等に教えてくれていたんでしょうね。

花粉症で呼吸が浅くなっている方だけでなく、色々な症状の方に応用効かせられますねー!

 

ヒロ服部先生、この場を借りてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です