ベスト頭の位置。

こんにちは!からだ工房Saraのアサノーです。

さいきんテレビの歌番組などで歌手の人が唄っている姿勢を見る機会が多いのですが、

歌っている姿勢ってほんとうに色々だなあと改めて思います。

もちろん人前でのパフォーマンスも含めて見せていることなのでしょうけど、

なんだかアタマの位置が気になってしかたがない。

ハスキーボイスの人は、頭が前に出ているね、だとか、

いい声の人は、やっぱり頭も胴体の上にキッチリ乗ってるね、だとか好き勝手言いながら見ています。

好き勝手ついでに、ボクの個人的な見解で、「ベスト頭の位置で賞!」というのを決めてしまいました。語呂が悪いですね。

 

和田アキ子さんです!

あれ?いま何人かズッコケましたか?僕の気のせいですか?

めちゃくちゃアタマの位置がキレイだなあって思いました。

あのパワフルな歌声は、やっぱりあのアタマの位置じゃないと出せないんだなあ、と。

 

 

ということであの人の昔の歌を最近よく聞いているのですが、

やっぱり昭和歌謡っていいですね!僕は洋楽ばかり聴いて育ったので、なんだか逆に新鮮に聴こえる。

 

「古い日記」という曲がココロに沁みました。

 

あと、アタマの位置が素晴らしい!と思わせられたのは、あの頭がい骨の形が分かりやすいヘアースタイルのせいかもしれないな、と少しだけ思いました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です